« 今年も熱狂がやってくる! | Main | クラシック音楽短信(2007年2月9日付) »

2007.02.08

ロストロポーヴィチ 入院

 昨日付の「PlaybillArts」によると、チェロ奏者・指揮者のムスティスラフ・ロストロポーヴィチが現在モスクワの病院に入院しているそうです。病名など詳細については明らかになっていません(2/10追記)地元メディアは「ガン治療専門病院で治療中」と報じています(参照)。
 彼の所属事務所コロンビア・アーティスト(CAMI)のチェアマンで、担当マネージャーでもあるロナルド・ウィルフォード氏が明らかにしたところによると、ロストロポーヴィチは先週パリの病院に入院したものの、今週月曜日にはモスクワに帰郷したとのことです。またロシア政府筋によると、一昨日はプーチン露大統領が直々に病院を訪れ、彼を見舞ったといいます。
 昨日になって秘書から「快方に向かっている」というコメントが出ましたが、去年は幾つかの演奏会をキャンセルしていましたし、新日本フィルとの演奏会の数週間前には(部位は不明ですが)手術を受けていたらしいので、彼の健康状態がとても心配です。

(2/10追記)新たな情報に基づき、記事を修正いたしました。 

(3/10追記)最新情報によると、ロストロポーヴィチは3/6にモスクワ近郊のサナトリウムへと転院した模様です。

|

« 今年も熱狂がやってくる! | Main | クラシック音楽短信(2007年2月9日付) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロストロポーヴィチ 入院:

« 今年も熱狂がやってくる! | Main | クラシック音楽短信(2007年2月9日付) »