« ロストロポーヴィチ 入院 | Main | 【レビュー】ダウスゴーの新譜二題 »

2007.02.09

クラシック音楽短信(2007年2月9日付)

 みなさんおはようございます。今日は慌しくニュース・フラッシュを。
●「カヴァ・パリ」ならぬ「ファリャ・パリ」
 オペラカロライナ(→公式サイト)が先月、レオンカヴァレロ「道化師」の前に(「カヴァレリア・ルスティカーナ」ではなく)ファリャの一幕もの歌劇「はかない人生」をドッキングさせるという、珍しい組み合わせで公演を行った(HULIQ.com)。

●ソフィア・コッポラがオペラ初演出
 映画監督の娘にして映画監督のソフィア・コッポラが、2009/10シーズンのモンペリエ歌劇場「マノン・レスコー」でオペラを初演出することがわかった。なお予定されているキャストにはロベルト・アラーニャも含まれている(contactmusic.com)
(2/15追記)この話はガセネタであることが判明いたしました。詳細はこちらをご覧ください。

|

« ロストロポーヴィチ 入院 | Main | 【レビュー】ダウスゴーの新譜二題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/13842444

Listed below are links to weblogs that reference クラシック音楽短信(2007年2月9日付):

« ロストロポーヴィチ 入院 | Main | 【レビュー】ダウスゴーの新譜二題 »