« 長い指揮棒 | Main | 昨日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」も… »

2007.01.22

昨日の「トップランナー」はホントに面白かった

 小菅優さんが登場した昨日のNHK教育「トップランナー」ですが、50分弱という短い時間帯であったにもかかわらず、インタビューの端々から彼女のパーソナリティがにじみ出ていて、実に興味深い内容でした。
 特に感心したのは、彼女の作品に対する理解力の「的確さ」です。彼女いわく、モーツァルトは「プレイボーイ」だけど、作品の中に「天才の孤独を感じる」作曲家、一方ベートーヴェンは「世界を変えたいと思っている人」「『Nein』(ドイツ語で「ノー」)といえる人」「こだわりがすごくある人」だといいます。23歳にしてこの深い洞察力!恐れいりました…。

 それから番組内ではスタジオで小品を3曲演奏していました。リスト(「超絶技巧練習曲集」から第10番・ヘ短調)もショパン(夜想曲嬰ハ短調「遺作」)も良かったのですが、一番出来が良かったのはモーツァルト(「ピアノソナタハ長調(K330)」の第1楽章)です。最近の若手で、これほど堂々たるモーツァルト演奏をするピアニストは聴いたことがありません。なにより彼女の演奏にはだれかのモノマネではない、確信に満ちた表現が随所に感じられます。その代表的な例が、冒頭部(楽譜)での装飾音の処理の仕方です。

Mozart_k330_satz01

 普通「装飾音」として軽く処理される2小節目と4小節目の「tr」(トリル)を小菅さんは他の楽音同様、一音づつ明瞭に、そしてボリュームある音量で演奏します。ここで一瞬「えっ!」と思うのですが、冒頭の4小節の各音を分け隔てなく強い「f」(フォルテ)で演奏することによって、5小節目に現われる「p」(ピアノ)がものすごく生きてきます。さらには5小節目以降の「p」と「f」のコントラストが鮮やかとなり、音楽がより立体的に感じ取れるようになるのです。この曲ではヘブラー(※1)もグルダ(※2)も、こんな方法を採っていません。もっとも「使ってる楽譜が違うんじゃないの?」と言われてしまうとそれまでですが(苦笑)、でも小菅さんの解釈が2人の巨匠に負けない、実に説得力のある音楽に感じられたのは確かです。そういえば「音楽の友」最新号(2007年2月号)で渡辺和彦氏が彼女のモーツァルト演奏を激賞していましたね。

(※1)Philips. 456 132-2. Disc 3/Track 4
(※2)Deutsche Grammophon 477 613-0 Disc 1/Track 1

|

« 長い指揮棒 | Main | 昨日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」も… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昨日の「トップランナー」はホントに面白かった:

» 小菅優 Live at Carnegie Hall [Takuya in Tokyo]
ピアノ:小菅優 バッハ/ブゾーニ シャコンヌ ハイドン ピアノ・ソナタ第42番 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第23番「熱情」 武満徹 雨の樹 素描 シューマン ダヴィッド同盟舞曲集 (アンコール) グラナドス 「ゴイェスカス」より第4曲 リスト 「鬼....... [Read More]

Tracked on 2007.02.24 10:16

« 長い指揮棒 | Main | 昨日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」も… »