« スカラ座 「キャンディード」を予定通り上演へ | Main | あのイギリスの作曲家が同性結婚でトラブル »

2007.01.05

クラシック音楽短信(2007年1月5日付)

 ブログをご覧の皆様、改めましてあけましておめでとうございます。「おかか1968」です。ついに2007年が始まりましたが、今年は亥年ですね。「猪突猛進」とは参りませんが、昨年同様ぼちぼちと行きたいと思います。
 今日も世界からニュースが届いておりますのでどうぞ。

●ソプラノ歌手がシラミ被害でヒルトンホテルを訴える
 歌手のAlison Trainerさんが、宿泊中に南京虫(トコジラミ)で全身をかまれたのはホテルの責任だとして、ホテルを管理するヒルトン・ホテルズ・コーポレーションに対して600万ドルの慰謝料を要求する訴訟を起こしたました。訴状によると、6泊7日の滞在中に南京虫に咬まれた箇所は実に150ヶ所に及ぶといいます。(詳しくはCBS Newsで)

●インドの映画監督がパリ・シャトレ座でオペラを演出
 インドの映画監督、サンジャイ・リーラー・バンサーリー氏は「ミモラ 心のままに」(→amazon.co.jp)「デーウダーズ」(→amazon.co.uk)などの作品で、インドでは「ボリウッドの巨匠」として知られています。その彼がこのたびパリ・シャトレ座と契約し、来年上演予定の舞台作品で演出を担当することになりました。作品は1920年代に書かれたフランスの小説を下敷きにした新作、ということ以外は明らかになっていません。(詳しくはScotsmanで)

●あのビゼーの墓は今
 当ダイアリーでも既報のとおり、パリのペール・ラシューズ墓地でビゼーの墓標の一部である胸像が何者かに盗まれましたが、ピアニスト・富田珠里様のブログに現地の写真が掲載されています。激しく破壊された墓標が無残です。

|

« スカラ座 「キャンディード」を予定通り上演へ | Main | あのイギリスの作曲家が同性結婚でトラブル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クラシック音楽短信(2007年1月5日付):

« スカラ座 「キャンディード」を予定通り上演へ | Main | あのイギリスの作曲家が同性結婚でトラブル »