« イギリスで旅客機の手荷物制限が緩和(テロ未遂事件の影響:その5) | Main | 「携帯電話と管弦楽のためのコンチェルティーノ」初演のレポート »

2006.10.04

【レビュー】ステーン=ノクレベルグのベートーヴェン

Nokleberg_beethoven

(曲目)
1.ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番ハ短調 Op.13「悲愴」
2.同:同第14番嬰ハ短調 Op.27「月光」
3.同:同第23番ヘ短調 Op.57「熱情」
(以上CD1)
4.同:同第30番ホ長調 Op.109
5.同:同第31番変イ長調 Op.110
6.同:同第32番ハ短調 Op.111
(以上CD2)
(演奏)
アイナル・ステーン=ノクレベルグ(ピアノ)

 ステーン=ノクレベルグといえば、「グリーグのピアノ作品全集」(NAXOS)での「いかにもグリーグ的」としか例えようの無い、清潔感あふれるピアノ演奏で知られるノルウェー出身の名手です。その彼が先日、ベートーヴェンのピアノソナタ6曲(しかも有名作品ばかり)を収めたアルバムをリリースしました。
 グリーグ演奏でもそうでしたが、ノクレベルグのピアノ演奏を印象深いものにしているのは、なめらかな運指が生み出す、流れるようなフレージングです。このノクレベルグ独特のタッチが、音楽を実に自然でスムーズなものにしています。ややサウンドが細身な印象を受けるかもしれませんが、彼の瑞々しくてしなやかなベートーヴェン演奏は、他では得がたい不思議な味わいがあります。どこかに大事にしまっておきたくなるような、そんな慈しみが沸いてくる演奏であり、アルバムです。
 収録されている6曲はどれも好演です。「悲愴」第2楽章と「月光」冒頭部のコントロールされたアルペジオと、それに乗って演奏される旋律の作意を感じさせないシンプルさ、「熱情」第3楽章での抑制の中での緊張感、「第30番」のラプソディックな感興の表現の豊かさ、「第31番」の無為自然さ。そして名盤ひしめく「第32番」でもノクレベルグのピアニズムは独自の煌きを放っています。しかし個人的に強く印象に残ったのは「第30番」と「第32番」の終わり方です。この2つの変奏曲をノクレベルグは、よくいえば「不意を突いたように」、悪く言うと「素っ気無く」締めくくってしまいます。しかしこの「素っ気無さ」が音楽の余韻をより深いものにしています。この唐突な終止は、どこかシベリウスの「交響曲第7番」を連想させます。ノクレベルグが北欧人だからとか、そんな発想が安直なのは重々承知なのですが、それでもこの演奏は北欧人に底流する「感性」の存在を意識させるのです。

(SIMAX classics, PSC 1218)

(関連記事)
Einar Steen-Nøkleberg Official Site
【レビュー】トマス・テレフセンの室内楽曲集(2004年9月10日付のエントリ)

|

« イギリスで旅客機の手荷物制限が緩和(テロ未遂事件の影響:その5) | Main | 「携帯電話と管弦楽のためのコンチェルティーノ」初演のレポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【レビュー】ステーン=ノクレベルグのベートーヴェン:

« イギリスで旅客機の手荷物制限が緩和(テロ未遂事件の影響:その5) | Main | 「携帯電話と管弦楽のためのコンチェルティーノ」初演のレポート »