« 【不定期連載】全く役に立たないロシアピアニズム・ガイド③ ゲンリヒ・ネイガウス | Main | タイムズ・スクエアの蝶々夫人 »

2006.09.24

サー・マルコム・アーノルド 逝去

Arnoldedition1_1 山尾敦史様のブログでイギリスの作曲家、サー・マルコム・アーノルドが亡くなったことを知りました。享年84歳。心からご冥福をお祈りいたします。
 報道によると直接の死因は「胸部の感染症」ということですが、彼は長年病気療養中で(※1)、最近は目立った音楽活動はありませんでした。それでも来月迎えるはずだった彼の満85歳の誕生日に合わせて、英デッカより「マルコム・アーノルド・エディション」(写真:※2)、そして英国音楽専門の「Lyrita」レーベルから彼の自作自演レコーディングが相次いで再発売されていました。今日は「イギリス音楽の典型例」といえる舞曲集のCD(→amazon.co.jp)を聴いて彼を偲びたいと思います。

(※1)アーノルドの病気については諸説ありますが、何らかの精神疾患の治療を受けていたことは確かなようです。しかし具体的な病名については、メディア各社でかなりのばらつきがあります。

(※2)「交響曲集」「協奏曲集」「管弦楽、吹奏楽、ピアノ作品集」の全3巻のボックス・セット。収録される作品リストはこちらでご覧ください。

(参考)
BBC NEWS. Composer Sir Malcolm Arnold dies.(September 24, 2006)
Guardian. Film composer Arnold dies at 84.(September 24, 2006)
Times Online. Film composer Arnold dies.(September 24, 2006) ↑「Film Composer」という肩書きは正直ちょっと違うんじゃないの、と思いますが。

|

« 【不定期連載】全く役に立たないロシアピアニズム・ガイド③ ゲンリヒ・ネイガウス | Main | タイムズ・スクエアの蝶々夫人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サー・マルコム・アーノルド 逝去:

» ◆さよなら、アーノルド [at the end of the day : reminiscences]
◆マルカム・アーノルドが亡くなったとのこと。84歳。 詳細はいつも拝見させていただいております、下記二つのblogの記事を参照下さい。 山尾好奇堂さん おかか1968ダイアリーさん google news, uk ◆丁度生誕85年記念ということで、リリースも相次いでいる中、85歳の誕生日(10月21日)直前に彼は去ってしまいましたね。 アーノルドが「第9」交響曲を「最後の交響曲」として作曲して以降、新曲は無かった事を考えると、あの曲が最後の力を振り絞って書いた曲になってし... [Read More]

Tracked on 2006.09.24 20:02

» [クラシック音楽] [peter crouch&classical musicを中心に]
BBCラジオ3からリンクされてる クラシックのニュースの方に載っていたのですが サー・マルコム・アーノルドが亡くなったそうです 自分は、ホフナング音楽祭のための音楽を含め 彼の曲をほとんど聞いたことがありません でもサー・の名誉を受け オスカーで作品賞などを受... [Read More]

Tracked on 2006.09.24 20:57

« 【不定期連載】全く役に立たないロシアピアニズム・ガイド③ ゲンリヒ・ネイガウス | Main | タイムズ・スクエアの蝶々夫人 »