« テロ未遂事件のクラシック音楽界への影響(その2) | Main | プレヴィンとムターが離婚 »

2006.08.20

ミルトン・ケイ(ピアニスト) 逝去

Milton_kaye01 ニューヨーク・ブルックリン地区生まれのアメリカのピアニスト、ミルトン・ケイが肺炎のため今月14日に逝去されました。享年93歳。心からご冥福をお祈りいたします。
 12歳のときにカーネギーホールで演奏し、1935年にショスタコーヴィチ「ピアノ協奏曲」第1番の全米初演のソリストを務めたというミルトン・ケイですが、日本ではヤッシャ・ハイフェッツやオスカー・シュムスキーとレコード録音で共演したピアニストとして、その名が知られているのではと思います。個人的には特にシュムスキーとの、あの素晴らしいクライスラー小品集(ASV)の録音が強く印象に残っています。現在廃盤ですが、再発を切に希望します。その一方でハイフェッツと米デッカに残した録音は近々再発され、来月辺りに店頭に並ぶようです(→@TOWER.JPHMV.co.jp)。

(参考)
PlaybillArts. Pianist and Arranger Milton Kaye Dies at 97. (August 17, 2006)
New York Times. Milton Kaye, 97, Pianist and Arranger, Dies. (August 17, 2006)
Washington Post. Milton Kaye; Pianist, TV Musical Director. (August 19, 2006)
Benjamin Breen Official Site. Biography - Milton Kaye.

|

« テロ未遂事件のクラシック音楽界への影響(その2) | Main | プレヴィンとムターが離婚 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミルトン・ケイ(ピアニスト) 逝去:

« テロ未遂事件のクラシック音楽界への影響(その2) | Main | プレヴィンとムターが離婚 »