« 【レビュー】アーノルト・ロゼーの録音(Arbiter) | Main | ジェルジ・リゲティ 逝去 »

2006.06.06

「モーツァルトを聴くと目が良くなる」のは本当かもしれない

 当ダイアリーでは以前からモーツァルトを用いた民間療法について紹介してきました(参照<>、<>)が、生誕250年のモーツァルト・イヤーとなった今年は「モーツァルトで健康になろう!」「モーツァルトで頭を良くしよう!」というムーブメントがますます盛んです。最近も某公共放送で「モーツァルトのツボ」なる特集をやっていました。この番組の独自調査によると、カイワレ大根の種にモーツァルトを聞かせて1週間発育させると、音楽を聞かせない種よりも明らかに発育が良かったそうです(参照)。尤も同じ実験ではダンス(ディスコ)・ミュージックを聞かせた種も結構伸びているので、音楽の発信源となったスピーカーの振動が発育に影響した可能性は否定できません。スピーカーの振動が良い影響を及ぼすとすれば、打楽器サウンドなどが植物の発育を促すのかもしれません。

カイワレ大根にガムランを聞かせたらモーツァルトの100倍伸びたりして。

 そもそもこの手の「モーツァルト効果」は、「2台のピアノのためのソナタ(K.488)のCDを聴かせたらIQが上昇した」という1993年の論文が基になっているのですが、このことは別の研究者たちにより1999年に否定されています(参照)。それでも人々は「モーツァルトならそんなことがあっても不思議じゃない」「むしろそうであってほしい」と信じて疑わないのでしょう。でもこれじゃあまるで徳川埋蔵金と同じですね(苦笑)。そんな中、ブラジルの研究者たちが「緑内障で目の障害のある患者たちにモーツァルトを聴かせたら目が良く見えるようになった」という内容の論文を発表し、話題になっています。
 Santa Casa of Sao Pauloの眼科学教室に所属するVenessa Macedo Fiorelli氏らが「British Journal of Ophthalmology」誌に発表した論文(→「PubMed」内の要約はこちら)によると、被験者30人にモーツァルト「2台のピアノのためのソナタ」(←またかいな…)を10分間聴かせたところ、10分間何も聴かせずに放置した30人のグループよりも視野が改善したといいます。さらに興味深いことに、この視覚の「モーツァルト効果」は10分程度しか効果が持続しなかったそうです。
 このニュースを伝えるBBCの記事(参照)には、2名の眼科の専門家のコメントが添えられていますが、彼らは揃って今回の結果には懐疑的です。このあたりは「それ見たことか!モーツァルトは体にいいんだよ!」と声高に叫ぶ日本のマスコミと違い、所謂「メディア・リテラシー」がきちんとしていて好感が持てますね。

|

« 【レビュー】アーノルト・ロゼーの録音(Arbiter) | Main | ジェルジ・リゲティ 逝去 »

Comments

TBさせて頂きます。うちにもこの2台のCDがあります。偏差値あがるというのは違っていたんですね。どおりで聞いても・・(笑)

Posted by: kokoni | 2006.06.07 at 22:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/10417503

Listed below are links to weblogs that reference 「モーツァルトを聴くと目が良くなる」のは本当かもしれない:

» モーツァルトが病気に効く [ここに行きました ]
 夕方買い物に行った帰り、雑誌の棚でふと目についた文字が。『モーツァルトで病に負けない!』 サンデー毎日の今週号でした。音楽療法の先生の所に取材に行った様子が書かれていました。なんと、母校の先生でした。 モーツァルトのピアノソナタをまず聞かされて、記者もいい気持ちになったとか。次にベートーベンの悲愴一楽章。これはちょっと比較する曲が、極端かと思いました。月光や31番などではどうだったかと思いました。  先生曰く、モーツァルトは高音の響きが出て、気持ちよい、ベートーベンは音が密集しているので、そう... [Read More]

Tracked on 2006.06.07 at 22:11

« 【レビュー】アーノルト・ロゼーの録音(Arbiter) | Main | ジェルジ・リゲティ 逝去 »