« うららかな好天の日にウェブラジオを | Main | 「モーツァルトを聴くと目が良くなる」のは本当かもしれない »

2006.05.30

【レビュー】アーノルト・ロゼーの録音(Arbiter)

Rose_cd

「First Violin of Vienna - Arnold Rosé」
(曲目の詳細は、@TOWER.JPをご覧ください。また左記リンク先でこのCDを購入することもできます)
演奏:アーノルト・ロゼー(ヴァイオリン・指揮)ロゼー弦楽四重奏団 他
(録音:1909年~1936年)

 ウィーン宮廷歌劇場(当時)のコンサートマスターだったアーノルト・ロゼー(1863-1946)は、「聴かれる」よりも「語られる」ことの方が多いヴァイオリニストのような気がします。ウジューヌ・イザイ(1858-1931)と同世代にあたるロゼーは、一つ下の世代にあたるフリッツ・クライスラー(1875-1962)やジャック・ティボー(1880-1953)と比べて遺された録音は多くありません。その一方で公私ともにマーラーや新ウィーン楽派と密接な関係を持っていた彼は、「世紀末ウィーン」の担い手の一人として語られることもありますし、最近ではピリオド・アプローチで知られる指揮者ロジャー・ノリントンが事あるごとにロゼーを「ヴィヴラートを多用しないヴァイオリニストの代表」として取り上げ(※1)、その是非について論争が起こったりしています(※2)。私はこのCDをヴィヴラートの有無の確認のために購入したことを否定しませんが、聴き込んでいくうちにそのことに囚われず純粋な気持ちで100年前の名手の演奏を楽しむことができました。

 ロゼーの演奏で印象的なのは、流れるような旋律の歌わせ方です。なめらかなレガートと「up」から「down」、そして「doun」から「up」への移行(弓の「返し」)を感じさせないスムーズな運弓が、息の長いフレージングを生んでいます。また当時の他の演奏家同様ロゼーも随所でポルタメントを用いていますが、彼はポルタメントをことさら強調せず「すっ」という感じで軽く演奏するので、その箇所で音楽が止まることはなく、旋律の「流れ」が損なわれることはありません。この特徴はメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲・第2楽章」(Track 14)を現代の若手演奏家たちと比較試聴すると分かりやすいでしょう。このような長いフレーズの見事な処理はショパンの2曲(Track 4&5)やスヴェンセン「ロマンス」(Track 7)でも聴くことができます。特に後者の作品での高音の伸びやかさは100年の時の流れを超えて胸に迫るものがあります(私がこの曲が好きなこともその一因でしょうが)。
 これ以外にも「ツィゴイネルワイゼン」(Track 1)とヴィエニャフスキ「ポロネーズ」(Track 19)ではロゼーの鮮やかで、かつ安定したテクニックを聴くことができますし、彼の率いる「ロゼー弦楽四重奏団」の演奏も何曲か収録されています。アコースティック録音の古い音源が多いのですが復刻の音質は聞き易く、音の揺れなども目立ちません。電気録音のバッハ「無伴奏ソナタ第1番」の冒頭部(Track 12)では力感あふれる弦の響きが再現されています。最後になりましたがヴィヴラートについて。ロゼーはヴィヴラートは使用しています。ただしクライスラーよりは使用頻度も限られていますし、ヴィヴラート自体も控えめに感じられます。

(Arbiter ARB148)

※1:ノリントンがロゼーについて言及した「ニューヨーク・タイムズ」紙のコラムはここで読めます。
※2;盤鬼、クラシック100盤勝負!-SACD50選付き 青弓社. pp.134-137. 2006

|

« うららかな好天の日にウェブラジオを | Main | 「モーツァルトを聴くと目が良くなる」のは本当かもしれない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【レビュー】アーノルト・ロゼーの録音(Arbiter):

« うららかな好天の日にウェブラジオを | Main | 「モーツァルトを聴くと目が良くなる」のは本当かもしれない »