« 「バンザ~イ無しよ。」 from フィンランド | Main | 【レビュー】ノリントンの「巨人」 »

2005.09.18

これは私のためにあるサイトですか

 最近天下の「ニューヨーク・タイムズ」紙が、こんなサイトを紹介していました。

beauty_in_music

Beauty in Music」は女性演奏家、しかも美人奏者だけを扱ったサイトです。取り上げられているアーティストの数は600を超え、国籍、人種も多種多様でバラエティに富んでいます。ここではラベック姉妹エレーヌ・グリモーアンナ・ネトレプコステファニア・ボンファデッリらの「常連」(!?)アーティストたちに交じって、諏訪内晶子庄司紗矢香磯絵里子神谷未穂(以上ヴァイオリニスト)、児玉麻里児玉桃三浦友理枝菊地洋子(以上ピアニスト)らの日本人演奏家たちがリストアップされています。当ダイアリーでお馴染みのリーズ・ドゥ・ラ・サールバイバ・スクリッドの名前もありますよ(笑)。また意外なところではライス国務長官も「ピアニスト」として紹介されています。
私も「より美しい性」のアーティストの紹介には熱心なのですが、ここまで徹底しているサイトを運営する勇気は私にはありません(苦笑)。また暇な時にでも覗いて品定めをしてみたい未知のアーティスト探しをしたいと思います。ところで私、最近ヴィジュアル的に気になっているアーティストがいるんです。「Beauty in Music」を紹介したどさくさに紛れて写真をアップしてみましょう(笑)。

vilde_frang04 ヴィルデ・フラング・ビェルケ(Vilde Frang Bjærke)はノルウェー出身の19歳。すでにヤンソンス指揮オスロ・フィルとの共演しているということで、なかなかの実力の持ち主と思われます。実は私は彼女の演奏はまだ一度も聴いたことがありません。CDデビューもしておらず、今はウェブラジオでのオンエアか、もしくは来日公演してくれるのを首を長くして待っているところです(笑)。

vilde_frang02

チューリップがお似合いですね(笑)。

|

« 「バンザ~イ無しよ。」 from フィンランド | Main | 【レビュー】ノリントンの「巨人」 »

Comments

>米国の女性団体とかは何も言わないものでしょうか。
確かに。未だにサイトが存続しているのは、単に女性団体が気づいていなかったからではないでしょうか(笑)。でもNY Times紙で取り上げられてしまいましたからね。今後の運命は予断を許さないかもしれません。とりあえず頑張って頂きたいな、と思ってます。

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.09.24 at 18:19

坂本様、こんにちは。昨日TV の「芸能人格付けチェック」で、1億円のスタインウェイと、90万円中古ピアノの区別がつかなかったふからです(汗)。
いや〜これ、楽しいサイトではありますが、米国の女性団体とかは何も言わないものでしょうか。それとも、フェミニズム運動なんて「終わった」モノになりはてているのかしら。音楽シーンではなくそんなことが気になってしまいました。
管理人には、荒らしに気を配って頂きたいなあと、一女性としては思うのであります。「熟女演奏ヴァージョン」もあるといいかも。あ!坂本様がこのサイトを運営しているのではなかったですね…ごめんなさい。

Posted by: 深良マユミ | 2005.09.24 at 15:12

roi ubu様こん○○は。貴重な情報をありがとうございました。
それにしても「Beauty in Music」、お気に入りの方が多いみたいで…。どうやら「みんなのため」のサイトのようですね。タイトルを直しといた方が良いかも(笑)。

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.09.21 at 23:21

このサイト随分昔からあり、日本ではまだ知られていない演奏家も多数掲載されていたのでよく覗いていました。
ところが、暇な人もいるもので、演奏家の写真がヌード写真と合成したものに貼り替えられたりするなど、ほとんどアダルトサイト状態というひどい荒らしに遭っていました。あげくにサイト自体がウィルス感染し、ウィルスバスターのアラートが…
以来アクセスすることもなくなったのですが、復活どころか更にパワーアップされているようで何よりです。

音楽なので演奏が最も大事ですが、やはり見目麗しい方が聴いてみたくなるのが人の性というもの…
イケメン演奏家サイトというのもどこかにありそうですね(笑)。

Posted by: roi ubu | 2005.09.21 at 08:22

こん○○は。
dokichi様も「きれいなお姉さん」は好きですか。私も嫌いじゃないです(笑)。それにしても最近は「きれい」なだけじゃないアーティストも増えたと思いませんか?
私はこれからも「二物」を持ったアーティストを追いかけていく所存です(笑)。

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.09.20 at 22:30

あ、でももちろん演奏が素晴らしくないと
ダメだよ~っては思いますが
きれいなおねえさんだと
ちょっと甘いかなって思う自分です
(アドレスを間違って記入してしまったので)

Posted by: dokichi | 2005.09.20 at 00:00

こんばんは。
面白いサイトですねえ~
女性ですがきれいなおねえさんな
演奏家は見るのが好きなので(爆笑)
自分も色々見てしまいました
ジャッキーも入っていたので嬉しかったです

Posted by: dokichi | 2005.09.19 at 23:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/5988684

Listed below are links to weblogs that reference これは私のためにあるサイトですか:

« 「バンザ~イ無しよ。」 from フィンランド | Main | 【レビュー】ノリントンの「巨人」 »