« 韓流ホラー映画「チェロ」 | Main | 【レビュー】ヴァント&シュトゥットガルト放送響のブルックナー「第9番」 »

2005.08.24

流体力学的なピアノ

 最近異形の楽器の発掘・紹介に情熱を傾ける私、「坂本くん」が、ギター演奏機(1号店・7月12日付のエントリ)、ペダル付きピアノ(当ダイアリー・7月30日付けのエントリ)に続いてお届けするのは、風変わりな格好のピアノです。早速写真をどうぞ。

pegasus01


 本体と椅子が一体化し、曲線で構成された外観を持つこのピアノ、楽器というより何かスポーツカーのような奇抜さです。この「ペガサス」という愛称のピアノ(モデル名は「CC 208-P」)、製作は独シンメル社(→公式サイト)、デザイン担当は世界的に高名な(方らしい…)ルイジ・コラーニ氏です。グランド・ピアノは自室に置くにはかさばってどうも…という方を思い測ってかどうかは分かりませんが、同じコラーニ氏デザインのアップライト・モデル「120-P」もあります。

pegasus04

 まあグランド・ピアノもアップライトの方も、家に置いてプライベートに使うには誠に勿体ない位、人目を引くデザインですね。これはもう絶対にコンサート専用でしょう。スポーティな外観が、早弾きを得意とするヴィルトゥオーソたちにはピッタリはまりそうな気がするのですが、シンメル社のサイトによると、このピアノを愛用してるのはレニー・クラヴィッツやエルトン・ジョンといった、ロック界の巨匠たちだそうです。どこかで「ペガサス」を舞台で使用した証拠写真は無いか、とググってみたのですが、結局発見出来ませんでした。もし目撃情報がございましたら、ご遠慮なくコメント欄に書き込んで下さいませ。
 なおコラーニ氏の作品の数々については、「WEB II SKY」で簡単に紹介されています(→こちら)。流体力学を取り入れている、ということですが、どれも曲線を基調とした個性的なものばかりですね。それからコラーニさん、チョロQまで作ってたとは…。

|

« 韓流ホラー映画「チェロ」 | Main | 【レビュー】ヴァント&シュトゥットガルト放送響のブルックナー「第9番」 »

Comments

>京都工芸繊維大学 美術工芸資料館で
そうなんですか!今まで知りませんでした。情報ありがとうございます。時間が許せば見に行きたいです。
今ググってみたら下記のブログでレポートがありました↓。
ttp://akirart.blog.bai.ne.jp/?eid=15028

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.09.01 at 20:21

はじめまして。いつも興味深く読ませていただいてます。
先日TVで京都工芸繊維大学 美術工芸資料館で開催されている「ルイジ・コラーニ展でこのピアノが出展されているようお知らせを見ました。演奏はされていないんでしょうね。聞いてみたい気もします。

Posted by: かおる | 2005.09.01 at 12:51

こんばんは。
>このアップライトピアノは、私には「ファイル穴開け器」に見えます。
云われてみると段々「ファイル穴開け器」に見えてきました(笑)。

>コラーニさんのデザインした眼鏡、なかなかお洒落で興味をそそられました(笑)。
メガネに目が行きましたか(笑)。このフレーム、デザインに微妙なアクセントが効いていて好ましいですね。日本では売ってるのでしょうか。

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.08.30 at 21:34

こんばんわ。このピアノは…カッコイイと思うか落ち着かないと思うか、誠に千差万別な反応がありそうな。
このアップライトピアノは、私には「ファイル穴開け器」に見えます。「ペガサス」は、名前と外観が合っていていいかもしれませんが、音はどんなものなのでしょう(苦笑)。
ところで、コラーニさんのデザインした眼鏡、なかなかお洒落で興味をそそられました(笑)。

Posted by: 深良マユミ | 2005.08.29 at 22:36

こんばんは。
「クラヴィンス・ピアノ」は日本では長岡鉄男さんが熱心に紹介しておられましたね。
ttp://members.at.infoseek.co.jp/calaf/klavins.htm
↑上記リンク先に長岡氏の紹介記事がありますが、クラヴィンスはグランドピアノより「フォルテピアノに近い」と書かれていますね。私もその音色を確認してみたいです。

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.08.25 at 19:57

異型の楽器というと,Klavinsのピアノを思い出します。「低音の方の弦を折り曲げずにそのままストレートに張る」というコンセプトの楽器なのでおそろしく巨大になり,オルガンのごとく建物作り付けになってしまうわけですが,一度生で聴いてみたいものです。
http://www.klavins-pianos.com/index_en.htm

Posted by: Hayes | 2005.08.25 at 09:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/5622030

Listed below are links to weblogs that reference 流体力学的なピアノ:

« 韓流ホラー映画「チェロ」 | Main | 【レビュー】ヴァント&シュトゥットガルト放送響のブルックナー「第9番」 »