« 【レビュー】ヒューイット&オーストラリア室内管によるバッハの協奏曲集 | Main | NYフィルの副指揮者に中国人女性 »

2005.07.08

トーマス・カクシュカ(ヴィオラ奏者、アルバン・ベルク四重奏団員) 死去

alban_berg_leonskaja またも悲しい知らせです。St.Ives様のブログで知ったのですが、アルバン・ベルク弦楽四重奏団のヴィオラ奏者として知られるトーマス・カクシュカ氏がお亡くなりになりました(→参照・産経新聞の記事)。享年64歳。謹んでお悔やみ申し上げます。
 さてカクシュカを偲ぶにあたり、ここではピアノのレオンスカヤと共演したブラームス「ピアノ五重奏曲」(写真)の余白にあるドヴォルザーク「ピアノ五重奏曲」の第2楽章「ドゥムカ」を紹介したいと思います。この曲の全編にわたり、カクシュカの演奏による哀切感漂うメロディーを聴くことができます。
 

|

« 【レビュー】ヒューイット&オーストラリア室内管によるバッハの協奏曲集 | Main | NYフィルの副指揮者に中国人女性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トーマス・カクシュカ(ヴィオラ奏者、アルバン・ベルク四重奏団員) 死去:

» 袋が香を薫ずる前に [Wein, Weib und Gesang]
バーデンバーデン・フライブルクのSWR交響楽団の音楽監督シルヴァン・カンブラン氏が記者を集めて語ったようだ。放送局の財政健全化に伴う今後の縮小案等に先行して、 「我々は99人の音楽家で、現代の楽譜から模範的な演奏をしている。こうして交響楽団の水準を保つのは、政治文化的な決断までの応急的な処置なのである。社会的・芸術的使命感に燃えて活動をしているが、既に限界に来ている。」。 伝えるように、NDRの115人、WDRの118人の楽員数と比較すると、... [Read More]

Tracked on 2005.07.16 16:40

« 【レビュー】ヒューイット&オーストラリア室内管によるバッハの協奏曲集 | Main | NYフィルの副指揮者に中国人女性 »