« 【レビュー】イル・ジャルディーノ・アルモニコ「悪魔の棲む家」 | Main | 最近ブログの模様替えが流行っているのか? »

2005.07.14

BBCがレコード産業の攻撃に晒される

 先日BBC(英国国営放送)が自サイト内でベートーヴェン作品の期間限定ダウンロードサービスを行った、というニュースをお伝えしましたが、100万ダウンロード以上という実績を上げ、ユーザーから好評をもって迎えられたこのサービスに対し、レコード会社側がいちゃもんクレームを付けました。
 「インディペンデント」紙によると、レコード会社は「BBCは不公正な競争を仕掛けている」と主張しています。NAXOSレーベルのAnthony Anderson氏は「公共放送がこのようなことをすることは私には疑問です。この行為は価値ある音楽の値打ちを損なうものです」と述べています(参照)。かつて激安CD路線でメジャーレーベルから「レコード産業の破壊者」と名指しで批判されたナクソス・レーベルの関係者からこのような発言が出たこと自体、個人的には驚きなのですが、BBC側は既にこれ以上ダウンロードサービスを行わないことを明言し、結果的にレコード産業からの要求に屈した格好となりました。
 この事態にはレッシグ教授も頭を抱えています(この公式サイトの写真はいつもとおんなじものですが:苦笑)。このサイトの同じエントリの、英語版のコメント欄には、ダウンロード反対派からの「広く一般大衆から集めたお金を使って、BBCは民業を圧迫するようなことをしてはいけない」という書き込み、そして賛成派からは「受信料を払っているリスナーが、それに見合うサービスを受けていると考えればOK」などといった意見が寄せられています。
 私ですか?当然BBCのダウンロードサービスは諸手を挙げて賛成ですよ。このサービスが無くなったからといって、サイモン・ラトルのベートーヴェン全集の売れ行きが急激に伸びるという訳じゃないのにね。
(なおこの情報をご教示頂いた望岳人様には、この場を借りて御礼申し上げます。)

|

« 【レビュー】イル・ジャルディーノ・アルモニコ「悪魔の棲む家」 | Main | 最近ブログの模様替えが流行っているのか? »

Comments

こんにちは。
メジャーレーベルに関しては、クラシック音楽に対するモチベーションが明らかに下がっていますからね。クレームを付けるのなら、ノセダ&BBCフィルの音源をCD化すればいいと思うのですが、そんな話もないみたいですし。
また今回のケースはBBCのような公共放送でしたが、自らの演奏を収録した音楽ファイルを公開している演奏家の個人サイトは世界中にたくさん存在します。そんなサイトに対してもレコード会社から公開を止めるようにという圧力が掛かるのでは、と心配しております。

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.07.20 06:02

望 岳人さんの所から回ってきました。

「サイモン・ラトルのベートーヴェン全集の売れ行きが急激に伸びる」ような状態で、投資意欲や制作意欲があるならば問題ないのですが。

Posted by: pfaelzerwein | 2005.07.20 01:13

こんにちは。
あのBBCのダウンロードサイトにはものすごい数のアクセスがあったわけですが、この事実から「ベートーヴェンを聴きたい。でもCDを買ってまで聴こうとは思わない」という方々がいかに多いかを実感しました。
でもBBCの放送音源をネットでupさせるかどうかを決めるのはあくまでもBBCであって、レコード会社がとやかく言うべきものではないと思うのですが。というかそのうちradio 3のライブオンエアにまでダメ出しするかもしれないし。う~ん、困ったものです。

Posted by: 「坂本くん」 | 2005.07.15 06:05

こんばんは。
ダウンロードは、しなかったけれど
一週間限定などのストリーミング配信を
とーっても活用してるのでBBCには、感謝
感激雨あられなんですが(古いですねえ)

BBCには、感謝をしてるのでプロムスの
ガイドとCDを買うことで感謝の気持ちを
表してる1ファンですが・・

ダウンロードの事を批判する事・・
残念です・・。

Posted by: dokichi | 2005.07.15 00:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BBCがレコード産業の攻撃に晒される:

» 社会資本の換金請負 [Wein, Weib und Gesang]
物作りが出来なくなると、商業も成り立たなくなって行く。巨大GMの金融危機なども長く予想されて来た事であり、販売網だけの商業コンサルタント業兼元締めを立て直すのは難しい。元締めの歴代の親分方は、問題を先送りにして粉飾決算紛いのリフォームを遂行して、超高額役員給与への損害賠償請求の訴追を逃れるしかないだろう。 良く似た状況がメディア産業にも見られる。本日BLOGで教えて頂いたのが、BBCによるMP3の無料ダウンロードサーヴィスに対�... [Read More]

Tracked on 2005.07.20 01:00

« 【レビュー】イル・ジャルディーノ・アルモニコ「悪魔の棲む家」 | Main | 最近ブログの模様替えが流行っているのか? »