« 「オペラファンの自己犠牲」求む | Main | 【レビュー】ベスト・クラシック100 »

2005.06.06

サッカー選手個人を題材にした交響曲がある

dunk へぇへぇへぇ、とトリビア風のタイトルを付けてみましたが、プレミアリーグ・エバートン所属のセンター・フォワード、ダンカン・ファーガソン(写真)に触発されたフィンランドの作曲家Osmo Tapio Räihäläが、彼をトリビュートする交響曲「Barlinnie Nine」を作曲し、サカリ・オラモ指揮フィンランド放送響により今年4月20日に初演されました。Räihälä氏の公式サイトによると、この曲にはエバートンの本拠地のグッディソン・パークで選手入場時に流される「Theme from Z cars」や、FAカップ決勝戦で必ず歌われる「Abide With Me」が引用されているようです。

 さて作曲家は「ファーガソンが刑務所に服役しているときに曲を書き始めた」と語っています。実は曲のタイトル「Barlinnie Nine」というのは彼が1995年に収監されていた刑務所の名前なのです。彼はボールさばきのうまさに加え、劇的なゴールを決めることでサポーターに人気のあるプレーヤーなのですが、その非紳士的な態度でも有名で、彼は試合中に相手選手に頭突きを喰らわせた罪で44日間収監されたのです。この年エバートンはFAカップで優勝しているので、この曲には一サッカー選手の「光」と「影」が描かれている、と(勝手に)思います。ちなみに若い頃からずっとエバートンのサポーターだというRäihälä氏は、ブルーズ(このチームの愛称)にちなんだ曲が他にも6曲あるそうです。エバートンは今シーズン4位の好成績で、来シーズンは欧州チャンピオンズ・リーグに出場しますから、今頃来期に向けて期待に胸をふくらませていることでしょう。もしかしたらグッディソン・パークに姿を現すかもしれません。

(参考)
Scotsman.com. Symphony to a soccer bad boy(June 5, 2005)

|

« 「オペラファンの自己犠牲」求む | Main | 【レビュー】ベスト・クラシック100 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー選手個人を題材にした交響曲がある:

« 「オペラファンの自己犠牲」求む | Main | 【レビュー】ベスト・クラシック100 »