« 今週のスト情報 | Main | フィラデルフィア管の新譜はOndineレーベルから発売へ »

2005.01.27

本家「フォル・ジュルネ音楽祭」が開幕

folle_journee2005 今年4月29日から3日間、東京国際フォーラムで「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」音楽祭が行われますが、これはフランス・ナントの「La Folle Journée」のコンセプトを輸入したものであることは、既にご存じの方は多いと思います。そのナントの本家の音楽祭が昨日から開催され、日本からも多くの演奏家が参加しています。その中の一人である指揮者・下野竜也様のレポが早速届いています。いつもながら腰の低い謙虚な姿勢が文章に表れています。
 ナントの音楽祭のテーマも東京と同じ「ベートーヴェンとその友人」ということで、ベートーヴェンの作品がずらりと並んでる様をプログラム(pdfファイル)でみるのは壮観です。参加アーティストは若干日本と異なるようで、ナントには何と!(ドンッ・ドンッ・ドンッ「べたで~す」:笑)イヴァン・フィッシャー指揮のブダペスト祝祭管やペーター・ノイマン指揮ケルン室内合唱団、そしてイザベル・ファウスト(ヴァイオリン)やデジュ・ラーンキ、ボリス・ベレゾフスキー、ニコライ・ルガンスキー(共にピアノ)、さらにアンドレアス・シュタイアー(フォルテピアノ)やアルス・アンティクァ・オーストリアなどの古楽勢も登場します。さて下野様との共演でも貫禄あるところを見せたエンゲラー女史は東京の方の音楽祭でも「皇帝」(5/1、pm12:15~、指揮は飯守泰次郎)を披露する予定ですが、実は私、この公演のチケットを持っているので(笑)今から楽しみです。

|

« 今週のスト情報 | Main | フィラデルフィア管の新譜はOndineレーベルから発売へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本家「フォル・ジュルネ音楽祭」が開幕:

» ケフェレックの新譜 [ガーター亭別館]
ナントで開催された"La Folle Journee"は、坂本くんのところで開幕 [Read More]

Tracked on 2005.02.15 00:55

« 今週のスト情報 | Main | フィラデルフィア管の新譜はOndineレーベルから発売へ »