« 【レビュー】舘野泉 「風のしるし-左手のためのピアノ作品集-」 | Main | アンティ・シララの顔 »

2004.12.10

アイザック・スターンの遺品のオークション出品に遺族が反発

 指揮者マイケル・スターンはある日フィラデルフィア在住の音楽家から1本の電話を受けました。電話の主は彼にこう忠告しました。
 「インターネット・オークションのヴァイオリンのところを見てみろ。君のお父さんのが出品されてるぞ」
 彼の父親で20世紀最大のヴァイオリニストの一人、アイザック・スターン(1920-2001)の写真、楽譜、ヴァイオリン、弓といった遺品の数々がインターネット・オークションでどんどん売り払われていることに、彼の家族は不快感を隠せません。マイケル・スターンは「eBayみたいなオークション・サイトに父の形見が出品されてしまうなんて、全く以て不幸なことだ」と語っています。「未亡人が所有するニューヨークのアパートにある品物を自分たちに断りなく売りに出している」と主張する家族サイドは、このアパートの譲渡を執行した遺言執行人のムーアヘッド氏を訴えました。
 遺言執行人はスターン氏の遺産から31万ドルを貰い、それを自分の事務所の経費の支払いに充てていたことが分かっています。またアパートの契約はスターン氏の亡くなる数週間前に交わされてますが、家族側は「その頃は父は病床にあって、とても重要な判断ができる状態ではなかった」とも契約の正当性にも疑問を呈しています。
 そして「家族側はオークションサイトに出品を取り消すように求めている」ということです。ていうたらまだ出品されてるんかいな…。私は未確認ですが。
(ソース)
Guardian, Children in court battle over Isaac Stern's estate
BBC NEWS, Isaac Stern children sue executor

|

« 【レビュー】舘野泉 「風のしるし-左手のためのピアノ作品集-」 | Main | アンティ・シララの顔 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アイザック・スターンの遺品のオークション出品に遺族が反発:

« 【レビュー】舘野泉 「風のしるし-左手のためのピアノ作品集-」 | Main | アンティ・シララの顔 »