« マリア・タウベロヴァーのこと | Main | 岩城宏之 ベートーヴェン交響曲「一晩で全曲」演奏会をテレビで見ました »

2004.12.31

マイ・フェイバリット・シングス~2004年の10枚~

 音楽雑誌、音楽系サイトの大晦日の恒例行事は「今年のベスト10」ですね。うちのサイトでも去年に引き続き今年もさせて頂きます。では早速マイ・フェイバリット10のリストを。便宜上番号を振ってますが、これは順位を付けたわけではありませんので。

①エルガー:ヴァイオリン協奏曲 他 ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)サー・コリン・デイヴィス指揮ロンドン響
(ユニヴァーサル/DG UCCG-1196(CD-DA), UCGG-7083(SACD&CD-DA Hybrid) (→レビュー)(→amazon.co.jp

②ベートーヴェン:チェロ・ソナタ(全5曲)他 ペレーニ(チェロ)シフ(ピアノ)
(ECM New Series 1819 (4724012)(→レビュー)(→amazon.co.jp

③ショパン:夜想曲集&即興曲集 ヒューイット(ピアノ)
(Hyperion CDA67271/2(CD-DA), SACDA67271/2 (SACD&CD-DA Hybrid)(→レビュー)(→amazon.co.jp

④ラフマニノフ:ピアノ協奏曲(全4曲)他 ハフ(ピアノ)リットン指揮ダラス響
(Hyperion CDA67501/2(CD-DA), SACDA67501/2(SACD&CD-DA hybrid)(→レビュー)(→amazon.co.jp

⑤ラフマニノフ&ラヴェル作品集:リーズ・ドゥ・ラ・サール(ピアノ)
(naive, V4936)(→レビュー)(→amazon.co.jp

⑥モーツァルト:ハイドン四重奏曲 古典四重奏団
(エイベックス AVCL-25021/23(SACD&CCCD hybrid)

⑦Music of Anton Webern Spooky Actions
(Muse-Eek Recordings MSK 117)(→レビュー)(→amazon.co.jp

⑧「スマイル」 ブライアン・ウィルソン(ヴォーカル)
(ワーナー/nonesuch WPCR-11916(CD-DA), WPJR-10001(LP)(→レビュー)(→amazon.co.jp

⑨アストル・ピアソラ・ライブ・イン・トーキョー1982 アストル・ピアソラ五重奏団 藤沢嵐子(ヴォーカル)
(プライエイド・レコーズ MTCW-1012)(→amazon.co.jp

⑩「COVER GIRL」 つじあやの(ヴォーカル、ウクレレ)他
(ビクター音楽産業/SPEEDSTAR VICL-61378/9(CD-DA), VIJL-60117(LP) (→amazon.co.jp

 (※:上記のうちレビューを書いたものについてはリンクを貼っておきました。)
 
 クラシック音楽は6枚。今年リストアップしたCDは例年以上のクオリティだと思います。実は最近になってSACDプレーヤーを購入したところでして、そのトレイに乗せるソフトは何がいいのかネット上のコメントやCD店のスタッフの意見を参考にして購入したのが①③④⑥で、もしかしたらSACDプレーヤーを購入しなかったらこの演奏を聴くことはなかったかも、というと大げさですがそれがきっかけだったのは確かです。ご教示頂いた皆様には感謝です。レビューをここで書いてない⑤ですが、古典四重奏団はこれまで通りの迫力ある表現を見せつつも、以前よりも弦の響きに洗練さが増したような気がしました。彼らはどんどん表現の幅を広げているようで、いいことですね。しかしCCCDなのは悪いことですね。SACDが聴けない方はご注意を
 ジャズ・フュージョン部門からは1枚、といっても原典はウェーベルンの作品なのですが、無調音楽を下敷きにクールなジャズを聴かせています。というかこんなに曲の印象が変わるなんて、とびっくりしました。これは「ウェーベルン=面白くないゲンダイオンガク」と思っておられる方こそお試しを。
 ロック&ポップス部門からはブライアン・ウィルソンの話題作を。でも「ボツになった流出音源を使った海賊盤の方が良かった」的なコメントを寄せる方も結構おられて、クラシック音楽ファンの間で交わされる議論との類似性を感じたりしました。
 南米からは1枚。ピアソラの熱演に手の汗を握るこのCD、カセットテープを基にしたとは思えないほどいい音してます。実は南米音楽ではパウリーニョ・ダ・ヴィオラのコンピレーション(→amazon.co.jp)とか、ジョアン・ジルベルトの東京ライブ(→amazon.co.jp)とかも入れたかったんですが、どうしても10枚にしたかったんで涙を呑みました。上記のピアソラを合わせてこの3枚は等しく魅力的でした。
 そして残り1枠は「つじあやの」枠(笑)ということで、今年も優しい語るような声で私の耳を楽しませてもらいました。来年も活躍を期待しています。

(追伸)1号店にもリストを挙げておきました。

|

« マリア・タウベロヴァーのこと | Main | 岩城宏之 ベートーヴェン交響曲「一晩で全曲」演奏会をテレビで見ました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイ・フェイバリット・シングス~2004年の10枚~:

« マリア・タウベロヴァーのこと | Main | 岩城宏之 ベートーヴェン交響曲「一晩で全曲」演奏会をテレビで見ました »