« 続々・労使交渉 in the USA | Main | 「クラシック100バカ」読了 »

2004.10.26

「レコード会社はバカ」と発言したチェリスト


 皆さんは「クラシック100バカ」(青弓社:平林直哉著)(→amazon.co.jp)はお読みになりましたか?私はアマゾンで予約したのですが発売日が過ぎてもなかなか来ないので、しびれを切らして近所の本屋で見かけて立ち読みをしてしまいました(平林さんごめんなさい)。アマゾンからは「商品が確保できないため配送が遅れます」という内容のメールが届きました。本をゲットし何回か読んだ上でレビューをアップするつもりです。
 ところで欧州でもレコード会社を「バカだ」と発言したチェリストがいます。今日はそのニュースを。

 Daily Telegraph紙(英語)によると、デーブ・ロー(55)という名の、クラシック音楽界では殆ど無名のオーストラリア出身のチェリストが来年3月27日に「プロムス」の会場として有名なロイヤル・アルバート・ホールを一万五千ポンド(=約295万円)かけて自腹で借り切り30人編成のオーケストラをバックに演奏会を開く(そのために更に4万ポンド=787万円が必要)というのでイギリスで話題になっているそうです。そして彼の演奏会を開く理由というのがなかなか奮ってます。

「レコード会社はバカだ。彼らは自分たちのやってることが分かってない。『おい、俺のような素晴らしい才能をほっとくなんて、おまえらみんな間違ってる』て言ってやりたいね。」

 どうやら自らの実力を誇示してレコード会社の鼻を明かすのが、ロンドン一有名なコンサートホールを借り切って演奏会を開く目的のようです。これだけを聞くと「何か変なのが出てきたなオイ」ていう感じなんですが、ネタ元によるとロー氏は、6歳でチェロを始め、地元オーストラリアの音楽院を卒業。Australian Ballet and Opera Orchestraの首席チェロを勤めた後、ロンドン響、BBC交響楽団、ロイヤル・フィルなどでフリーランスのチェリストとして仕事をしていたそうです。そして最近は3枚のアルバムを製作し、自らCD店やショッピングセンターで手売りし、通販と併せるとトータルで10万枚を売り上げたといいます。「おかげで今は快適な生活を過ごすことができる。これでみんな俺の音楽を気に入ってくれているのが分かった」とロー氏は自信満々に語っています。ヴィヴァルディからダイドーまで、と幅広いレパートリーを持つ彼はどうやら一定の技量の持ち主ではあるようですね。
 ところでamazon.co.ukで彼のアルバム「Safari in Classics」が入手可能みたいですが、ここに書いてあるプレヴィンのコメントってホンモノなんでしょうか?まあいずれにしてもライブ当日、3900人収容のホールに何人集まるのか、気になります。

|

« 続々・労使交渉 in the USA | Main | 「クラシック100バカ」読了 »

Comments

どうもこんばんは。
数百万円出せば私もあのホールでソロリサイタルを開けることが分かって、ためになるニュースでしたね(違)。リサイタルのタイトルも決まりました。「一人プロムズ」(爆)。
しかしいくら金を積んだとはいえ、彼のRAHでのコンサートにかける情熱はすごいですね。これは素直に脱帽です。まあなんで3枚も自主製作でCD出してんのにメジャー・デビューに未練タラタラのコメントを出すのか、とは思いますが。

Posted by: 「坂本くん」 | 2004.10.26 20:52

こんばんは。
googleの英語版でBBC交響楽団と
検索するのがよくすることなんですけど
その時にこのニュースがひっかかったので
何じゃこりゃ。と思って英文を読みました
う~ん。あのRAHを自腹で借り切って

BBCのニュースでも話題になっているし・・。
相当な宣伝効果ですが・・。
確かにレコード会社に色々思うことはあるけれど

Posted by: dokichi | 2004.10.26 19:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「レコード会社はバカ」と発言したチェリスト:

» ロイヤル・アルバート・ホールを借り切った男 [les soupers du roi ubu]
最近覗かせていただいている「おかか1968」ダイアリーさんのBlogで面白い記事を発見。 なんでも「オレみたいな才能ある者を放っておくレコード会社はおかしい」... [Read More]

Tracked on 2004.11.27 15:13

« 続々・労使交渉 in the USA | Main | 「クラシック100バカ」読了 »