« 2004年11月のNHK-FM放送予定 | Main | 「レコード会社はバカ」と発言したチェリスト »

2004.10.23

続々・労使交渉 in the USA

 アメリカのメジャー・オーケストラの労使交渉の情報をどこよりも早くお伝えしている当ダイアリー。というか一度「交渉中」と紹介した手前、ちゃんと結末までお伝えせねば、と思って半ば義務感でやっております。
 それはそうとニューヨーク・フィルの労使は3年契約で無事まとまったようです(→ソース1:英語)。楽団員は賃金アップを勝ち取りました。一方フィラデルフィア管は契約への道はまだ遠いようで、とりあえずフィラデルフィア市長が間に入って交渉の期限を今月末日とすることで審議は継続することになったようです(→ソース2:英語)。前回の1996年のストライキの時も当時のフィラデルフィア市長が仲裁したそうで、以前から労使間の対立には根深いものがあるのでしょうか。こちらの方は長期化しそうですね。

(関連記事)
労使交渉 in the USA(管弦楽団の場合) (9/16)
フィラデルフィア管 労使交渉続報 (9/21)

|

« 2004年11月のNHK-FM放送予定 | Main | 「レコード会社はバカ」と発言したチェリスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続々・労使交渉 in the USA:

« 2004年11月のNHK-FM放送予定 | Main | 「レコード会社はバカ」と発言したチェリスト »