« オペラの主役交代の原因は体型 | Main | ラジオで聴いたもの-2004年6月- »

2004.06.26

【レビュー】湯浅譲二 美しいこどものうた

cd0013.gif

(演奏)平松英子(ソプラノ)、中川賢一(ピアノ)

 尾高賞作曲家でもある湯浅譲二が「おかあさんといっしょ」などの幼児番組のために作曲したシンプルでメロディアスな小品集をオペラ歌手の平松英子はベルカント唱法で歌い上げているが、その歌い方は殊の外自然な感じがする。日本語の歌詞を大事にし分かりやすく歌っているその姿勢に好感が持てる。そしてその声質自体も柔らかくて耳に優しい。収録曲中で一番有名なのは「はしれちょうとっきゅう(走れ超特急)」だろう。というかこの曲が湯浅先生作というのは初めて知ったが、この曲でも声高になることなく優しく歌ってくれるので取っつきやすいのが良い。
 このCDを聴くとどうしても昔から日本語の歌曲にこだわりをみせる藍川由美と比較してしまうのだが、藍川さんが鋭角的で時に激しくえぐるような解釈をするのに対し平松さんのは優美で「うた」の良さを素直に伝えている。聞きやすいのは明らかに平松さんのほうだ。同様の趣旨のアルバムではルチア・ポップの「ドイツの子供の歌と子守歌」(→amazon.co.jp)があるが、こちらはドイツ語でオペラアリアのように朗々と歌われるので聴いててお腹いっぱいになるが(これはこれでいいのだが)、それと比較しても平松英子の自然な歌唱は印象的。
(備考)このCDは扱っているお店が限られている。発売元のミュージックスケイプで購入するのがいいだろう。私は通販の「アリアCD」で購入したが、要会員登録(有料)なのでご留意を。
(MusicScape, MSCD-0013)

|

« オペラの主役交代の原因は体型 | Main | ラジオで聴いたもの-2004年6月- »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【レビュー】湯浅譲二 美しいこどものうた:

« オペラの主役交代の原因は体型 | Main | ラジオで聴いたもの-2004年6月- »