« プレトニョフのこと | Main | 盗難されたストラディバリウスのチェロ、無事戻る »

2004.05.11

米国のオケがプロムス参加を拒否した理由

RAH2.jpg


(親記事:andante(英語)から)
 ロンドンのロイヤル・アルバートホール(写真)で夏期に行われる一大音楽祭「プロムス」。主催はイギリス国営放送BBCだがBBC名義の楽団だけでなくロンドンや英国各地のメジャーオケ、果てにはベルリンフィルやウィーンフィルなどの欧州の有名なオケや高名なソリストたちの演奏が比較的安価で楽しめるため100年以上の長きにわたり親しまれている。この音楽祭はBBC Radio 3でも全て(今年は全74公演)がオンエアされ、BBCのサイトからウェブラジオでも楽しめることでも知られている。
 ところがアメリカの老舗オケのクリーブランド管弦楽団が「ラジオやWebで流すならギャラを上げろ」と主張し結局プロムスでの公演の予定がお流れになってしまったという。このことを暴露した批評家ノーマン・レブレヒト氏によるとプロムス以外にも同楽団の欧州公演のWeb上でのオンエアを拒否しているという。そしてクリーブランドの姿勢を「度量が狭い」、「他の演奏家はギャラや交通費を抑えてでも来るのにどういうことか」と痛烈に批判している。更に英国の闘う批評家レブレヒト氏は同楽団について「財政危機で音楽監督は給与の1/10を返還したにも拘わらず楽団員たちの給料はアップしている」と楽団員のぬるま湯体質まで批判している。
 まあ「放送するならギャラ上げろ」というオケの言い分も分かるし、それが財政危機であるならなおさらそうなんですが、何かWebでの放送に抵抗していると思われるフシがあるので、そこら辺が若干気になるところではあります。

|

« プレトニョフのこと | Main | 盗難されたストラディバリウスのチェロ、無事戻る »

Comments

 どきちさん、はじめまして。BBC Radio 3は英国内のライブ放送が多くて私も好きです。今回の件については、より高く売りたいアメリカのオケと、前例に則って契約したいBBCとの間でうまく折り合いが付かなかった結果だとは思いますが、いずれにしてもこういうビジネス上の理由でプロムスに顔見せできないのは残念ですね。
 ところで調べてみるとクリーブランド管の公演はWCLV (http://www.wclv.com) のウェブラジオで聴けるようです。そこでホームページに行き接続してみましたが、今のところ私のPCではうまく試聴できないみたいです(何でかな?)。またいろいろ試してみます。

Posted by: 「坂本くん」 | 2004.05.12 00:44

こんにちは。BBC交響楽団が大好きなどきちです。
プロムスでアメリカのオケが出ないのは、残念だなと
思ったものです。
 ネットで放送が聞くことだってファンを拡大する事
になると思うんですけどねえ。
 私は、BBCラジオ3でBBC交響楽団の演奏を
聞くことをずっとしていてファンでいるんですけどねえ・・
 プロムスでのライブは、生中継の他に再放送が一回あって
もしかしたら一週間ストリーミングで放送される事も考えて
しまったのかなあ・・それにしても残念な事です

Posted by: dokichi | 2004.05.11 19:59

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国のオケがプロムス参加を拒否した理由:

« プレトニョフのこと | Main | 盗難されたストラディバリウスのチェロ、無事戻る »